読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エディトリアルデザイナーのアプリ制作日記

Unityで遊ぶ個人開発者のメモ書き

Unityアクションゲーム制作記 その22 スケールを操作するだけの簡単UIアニメーション

Unity アクション ゲーム デザイン

youtu.be

 たまには少しくらい役立つ情報をということで、基本の話ですがメニュー周りでめっちゃ使っている、お手軽アニメーションの話をば。映像は、良いか悪いかと言われれば……良くはないよなぁと自覚している趣味200%のポーズメニューです^^; これに限らず、今回のゲームではメニューなどのUI周りにおいて、出現・消滅させる時になるべく動きをつけるような形にしています。

 メニューやUIで使っているのは、uGUI+DOTweenというUnityではおなじみの黄金コンビ(敵のHPパラメータバー・3Dモデル以外はすべてuGUI)。そのUIを動かす方法としてものすごく多用しているのが、右や左からフレームインさせるアニメーションです。これは、ScaleやRotationの基準ポイントとなるpivotの設定をいろいろ変え、Scaleの値を動かすことで実現しています。たとえば、ゲーム中のヒットカウンターはこんな感じになっています↓

f:id:hamazakifactory:20170323035406g:plain

 で、多用するには理由があって、使ってみたら思いの外、お手軽超簡単に実装できたからです。 手順としては、

  1. Scale1の状態でUIの位置・Pivotの設定をしておく
  2. 初期状態をScale 0としておく
  3. スクリプトで「HitBoard(UIのオブジェクト).GetComponent<RectTransform>().DOScale(1f,0.5f);」を実行する

これだけでOK。Scaleを0から1へ動かせばフレームイン、1から0へ動かせばフレームアウトになるって寸法です。これくらいの簡単な動きならAnimatorを使ってもいいのですが、なんかいまだに使い方が良く分からないというか、思い通りの挙動にならないことが多いので……ちょっとしたものならDOTweenに頼りっきりになっています。

 また、座標を移動させても同じ動きができますが、始点・終点の指定が必要ですし、位置の修正があった時は直す手間が余分にかかります。スケールだけをいじるだけにすれば良いようにしておけば、修正も管理も楽ってもんです。

 ただし、スケールをいじっているということは、アニメーション中、文字や画像がひしゃげてしまうという問題もあったりします。キャラクターイラストなどしっかり見せたい画像の場合は、見栄え的にあまりよろしくないので、そんなときにはちゃんと座標を移動させるようなアニメーションを使いましょう。今回画像的なものはあまり使っていない&アニメーション時間が短いということで、アラが目立たないようになっています。

 なお、冒頭のポーズメニューはこんな感じ↓ 配置やタイミング次第でさらに動きのバリエーションが広がるということですね。今回はScaleだけですが、Rotationの動きも加えることで、さらに動きのバリエーションが広がるでしょう、きっと。ちなみにこのGIFを作っている最中に、一箇所Pivotの設定をミスってることに気づいた……あとで直そう。

f:id:hamazakifactory:20170323043101g:plain

  DOTweenに関しては、以下のリンクをいつも参考にさせてもらっています(もちろん公式のリファレンスもね)。使うために必要な情報もたくさんあるので、わからなかったすぐにググって参考にさせてもらっています。先人たちに感謝感謝です。うんうん。

www.shibuya24.info

https://anz-note.tumblr.com/post/145405933481/unitydotweenめーも

anz-note.tumblr.com