読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エディトリアルデザイナーのアプリ制作日記

Unityで遊ぶ個人開発者のメモ書き

Unityアクションゲーム制作記 その21 縦持ち用のオープニングカメラを追加

youtu.be

 なんとなーく手間がかかりそうで後回しにしていた、オープニングの縦持ち用のカメラを追加しました。縦持ち・横持ちの2つのカメラを同時に動かして、縦・横の持ち方が変わった時にカメラを切り替えるだけという、ちょーお手軽実装。作業的には最初に作った横持ちカメラを複製して、画角や位置を微調整するだけでなんとかなりました。映像では並べて置いてみたので、比べてみるとよくわかるかと思います。本当は、縦・横それぞれ印象が変わるようにアングルとか変えたかったのですが……ゲーム本体を置いてそこまで手間をかけべきかどうか躊躇してしまったので断念しました。

 簡単とはいえ、それでも1日はかかってしまった作業。その中で、その中で意外にめんどくさかったのが、テロップ(?)処理です。縦・横どちらでもCanvaのテキストやらイメージの大きさを変わりなく見せるためには、CanvasScalerコンポーネントのReferenceResolutionとMachを縦・横切り替わった時に設定を変更すればいいだけ。とはいえ、縦・横どちらでもはみ出さない大きさと位置にしておかないと、画面からはみ出した分が見えなくなったりするのでレイアウトは少しだけ配慮が必要だったりしますが…。

f:id:hamazakifactory:20170316121450j:plain

↑横持ちの画面。 ↓縦持ちの画面。

f:id:hamazakifactory:20170316121500j:plain

 ちなみに縦・横の切り替えは、Canvasオブジェクトに画面の縦・横位置をチェックするスクリプトをつけて、リアルタイムに変更するようにしてあります。これで、縦・横で、位置や大きさそのままですませられます。しかし、文字の表示位置と回転方向を調整しないといけない場面もありました↓

f:id:hamazakifactory:20170316123323j:plain

 ちなみに横位置のテキストをそのまま縦にするとこんな感じ↓

f:id:hamazakifactory:20170316124233j:plain

 はみ出すし、見栄えも良くありません。これもCanvasScalerの設定と同じく、縦・横で個別に位置・回転をスクリプトで変えればいいだけの話……なのですが、アンカーもちゃんと設定しないといけない都合上、スクリプトで全部やるのは、座標やらなんやら全部手入力になるのは目に見えていることもありちょっとだけ面倒だなーと。

 そこで、面倒なら事前に用意してしまおうということで、縦・横それぞれのテキストオブジェクトを用意して、適宜オブジェクトを切り替える方式にしました↓

f:id:hamazakifactory:20170316130939j:plain

 こいつはアニメーションしていたオブジェクトだったので、表示の切り替えにSetActive( )でON/OFFしてしまうとアニメーションがストップしてしまいます。なので、オブジェクトのスケール値を0/1にして動かしたままにしておき、見た目を消えたようにしてあります。

 結果として、余計に手間がかかったような気もしますが、まぁ無駄はいつものことなのであまり気にしないことにします><。次の時に反省を活かせばいいってことで、うん。