読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エディトリアルデザイナーのアプリ制作日記

Unityで遊ぶ個人開発者のメモ書き

Unityもくもく会に参加! 縦書きタイプのノベルゲームの実現を目指す!

 パズルゲームをリリースしてから一ヶ月が過ぎ、ぼちぼちと次回作の構想を練ってましたが、ある程度やりたい事はまとまっても、なかなか制作に踏み出せない、、、。締め切りもなく、趣味で一人でやっていることなので、問題はないといえばないのですが、やはり、時間ばかりが過ぎていくのはもったいない。

 そこで、他人の目があれば少しは進むだろう、ということで、もくもく会に参加してきました。

第十五回 Unityもくもく会 : ATND

 参加のポイントは、少人数とゆるさ。1日過ごした感想としては、また時間があえば、参加したいなと思わせる、非常に雰囲気も良く、和やかな会でした。

 その1日をかけた成果がコレ↓。

f:id:hamazakifactory:20150922134435j:plain

 見た目だけは、ソレっぽいものが完成。軽く調べたところ、Unityで縦書きを実現するには、横書きの位置から縦書きの位置に並びを変えるか、縦書きフォントを使って回転させるのが王道というか、定石みたいです。ただ、字間の調整もできない(はず)、回転文字(半角英字を横置きにするとか)を混在するのもめんどそう。そもそもUnityで縦書きにする必然性というか、そうする必要もあまりないため、実験している人もあまり見つからず、、、。

 なので、多少細かい文字操作もやりたかったため、1文字ずつテキストを入れたオブジェクトを用意して、ずらずらと並べていく、すばらしく頭の悪い力技♪のアプローチで行く事にしました。ばらしておけば、文字ごとの演出を加えたりできるしね! もちろん、UIってあまり速くないってどっかで見たこともあるし、大丈夫なのかな? とか不安もありましたが、1画面に表示する文字は、せいぜい数百文字。たかが数百のオブジェクトなら余裕で動かせるでしょ! と見切り発車したのですが、結果としては、、、、、ふつーに動きました。ヒエラルキーウィンドウがえらいことになりましたが(笑)。

f:id:hamazakifactory:20150922135633j:plain 

  なんとか形になって、句読点、カッコ、「っ」などの文字の回転・位置調整までは、対応が終わりましたが、半角文字の対応や禁則処理に行揃えなど、やるべきことはたくさーん。がんばろっと。