読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エディトリアルデザイナーのアプリ制作日記

Unityで遊ぶ個人開発者のメモ書き

第2回ゲームエフェクト勉強回に参加してみた

atnd.org

 講演テーマが非常に興味深く、時間もあったため、台風直後もなんのその、遠路はるばる幕張まで行き、ゲームエフェクト勉強会に参加してみました。

 内容に関しては、下記にある、ほととぎす様のブログで非常にうまくまとめられているので、詳細は割愛しちゃいます(勝手に感謝♪)。

スマホゲームのフロントエンジニア必須スキル、第1回ゲームエフェクト勉強会に参加してきました - 渋谷ほととぎす通信

 それでも、ゲームエフェクト概要の第一部、ハンズオンの第二部でいくつか気になるポイントがあったので、メモしておきます。

  1. パーティクルの消去は、フェードで消すよりも縮小で消すと、メリハリがついて気持ちよくなる
  2. ヒットストップ、当たった時のリアクション、インパクト時のタメ(経験上4/60fくらいがベターらしい)を効果的に使い、メリハリを付ける
  3. shurikenのスケール設定には気をつける(最初に基準となるサイズを決めておかないと、調整するときにエライ目にあう、、、らしい)

 あと、テクスチャのU・V値を操作してアニメーションさせるUVスクロールの概念を知る事ができたのは、結構な収穫かなぁ。Unityでは、テクスチャのscaleとoffsetをアニメーションさせれば、簡単に実現できるということなので、次の作品を作るときには役立てるようにしよう。うん。 

・個人的にパーティクル系を学習するときに参考にしたサイト

Unity4のパーティクルシステム(Particle)を1日で自在に操るコツ!【前編】 - Unity不定期便

その1 Unityのパーティクル「Shuriken」